スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいこと、悲しいこと、全部。



はいっ。

12日の今日、僕の幼馴染の肉親にご不幸がありまして。

とてもびっくりしました。

小さい時から家族ぐるみの付き合いがあったのでとてもショックです。

実際まだ実感わいてません。

お通夜と葬式が土日にあるので、そいつの話を聞いてあげることしかできない僕は、

がんばります。

泣いちゃうと思うけど。


・・・と。

状況報告終了。


で、

D80

これ、

買っちゃいました・・・!

実はこれ、アニメ「たまゆら」に出てくるカメラなんです。
たまゆら
たまゆら

この、飛田志麻子という美少女がもってるのがさっきのカメラ。

買っちゃったよぉぉぉ!

うへへへへへへへ!

うひゃひゃひゃひゃ!

やっぱりコンデジとは画質が違いましたね―w

うひゃひゃひゃひゃ!

まぁぼちぼち撮った写真もうpしていこうと思います!

広島の竹原行きたいなぁ。

(聖地)

でわでわー。

もきゅっ。(・ω・)






寒い冬空の下。

星がよく見える。

帰路を歩いていると、バスから降りる、

彼女が見えた。

どちらからともなく話しかけ、

結局彼女のマンションの前まで来ても30分以上話していた。

学校はどうだとか、進学するときに別の学校になった友人の変わり様とか。

他愛もない、そんな話。

でも、そんな時間が僕にとっては大切な時間に思えた。

「僕たち」にしないのは、もうそういう関係ではないから。

人の心を読むのは苦手だ。

相手がどう思っているかなんて、暗くて相手の目が見えないからか、わからない。

クラスの女子の話になり、人付き合いが苦手な僕が「女子は怖い」と話していると、ふと彼女が、

「女の子は、怖いんだよ?」

とくるっと一回転、振り返りながら言ってきた。

まともな返事ができなかった気がする。覚えていないくらいだから。

かなり話してから、次第に彼女の体が震え始めた。

寒いのだろう。

気遣って、早く家に帰るように言い、

「じゃぁ、またね」

というようなありきたりの別れの挨拶を交わした。

ずっと、振り返った時の彼女の悪戯っぽい笑みが、脳裏から離れないまま、

一人で自分の家へと歩いて行く。

不思議な幸福感と、喪失感。

真上を見上げると、

オリオンがキラキラと、繊細に輝いていた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

紅平 -misheru-

Author:紅平 -misheru-
紅平です。

右の方で星亜の書いた小説よめます。

こっそりギター弾いてたり。
(アニソンとボカロばっか)

特徴:潔癖症(らしい)
:オペレーション7 → -みしぇる-


趣味:ものすごくたくさん
年齢:1?歳

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle鈴平ひろ 様っ。sidetitle
sidetitleetc.sidetitle
sidetitle初心者のためのギターサイトsidetitle
sidetitle応援バナーsidetitle
お前のパンツは何色だ!?バナー 120px×600px
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle~星亜の小説~sidetitle
小説
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleぶろともsidetitle
「元部長のブログ」 「なんつって」 http://kanasi399.blog41.fc2.com/"" 「ゆきぬこちゃん」 20110529_132918.jpg 「天神小学校のゾンビさん」 burotomo.jpg 「なゆろぐ」 WS000016s.png 「なんてったってなんちゃってEX」 11286935_ms.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。